ブログトップ

kun-kun+kuro-ro

kunkuro.exblog.jp

気分が変わる、、、ちょっと新鮮。

毎年2回は必ず行く宿。今回はベッドルームのある部屋にしてみた。
b0182969_21112580.jpg



旅館に泊まると、和室1間だと、おふとんの時など、落ち着かない。それが、和室とベッドルームが別だと ホテルの快適さと旅館の心地よさ 両方味わえて、かなり満足。朝もぎりぎりまで寝ていても 気にならない。これが 最高の贅沢と思える。そして、、朝ごはんも 洋食を初めて頼む事に。
b0182969_21161621.jpg



和室で、漆のテーブルでの洋食、ちょっと新鮮。
b0182969_21171977.jpg



パンはこんな感じ。
b0182969_2118736.jpg



オムレツは、、
b0182969_21184722.jpg



浴衣を着て、こんな 洋食をいただくのも なんか気分が変わります。 そしてここの旅館のライブラリーで 出会った料理の本。外人向けの和食の本。これまた新鮮。

b0182969_21214075.jpg



見慣れた 料理も、盛り方を変えると新鮮に見える。蟹の酢の物。
b0182969_21232851.jpg


三品盛り。セロリのきんぴらも こんなにおしゃれ。


b0182969_21245589.jpg



こちらは 煮こごり。
b0182969_21261693.jpg



ちょっと 目線を変えてみると、普通のご飯も 素敵に見える、、そんなふうに思えました。
私がこの宿で、好きな場所は、ライブラリーなのです。ここでグラスのシャンパンを飲みながら、本を見る事が、幸せの時間です。

ライブラリーは、こんなアートも。

b0182969_2138229.jpg



壁には、本棚が、、、
b0182969_2139540.jpg



窓から見る風景もまた 素敵なのです。
b0182969_21395981.jpg



温泉に入って、ここで、本を読みながら空が暗くなってゆくのを、体で感じるこの時間が、生き返る気がします。いつもの宿へ行く幸せ、、今回はちょっとだけ趣を変えて楽しみました。とっても贅沢だけど この時間がないとダメなのです。働いている間はここに来て、リセットしたいものです。
[PR]
by kun-kuro | 2010-02-10 21:49 | 衣食住
<< ヘルシー中華でおもてなし。 雪の日。。。 >>